インプラントのメンテナンス費用

歯を失った場所に行うインプラントは、入れ歯とは異なり自然な噛み心地と美しい見た目が特徴です。自分の歯のように噛めるので、治療をしたことを忘れてしまう人もいるほどです。しかし、あくまで人工の物なので、治療後には定期的にインプラントのメンテナンスを受ける必要があります。メンテナンスは年に2~4回ほど行い、噛み合わせのチェックやクリーニングなどを行います。きちんとチェックすることで、悪くなる前に状態を改善することができます。費用は数千円程度で、手術代のような高額な費用はかかりません。お口の状態に合わせて期間が変わるので、歯科医師と相談して決めましょう。

インプラント後のメンテナンス

インプラント後は定期的なメンテナンスが不可欠です。インプラントの寿命はアフターケア次第とも言われており、きちんと受けていないと、不具合が生じた場合、保証が付いていても有償になる場合もあります。メンテナンスには自分で行うセルフケア、つまりブラッシングで口腔の衛生状態を良好に保つことが重要で、歯ブラシのみならずデンタルフロスや歯間ブラシを使用して磨き残しを防ぎます。また医療機関を受診し、プロのケアを受けることが重要です。一般的には最初の年は年3から4回、2年目以降は年1回程度とされています。周囲炎はないか、人工歯は緩くなっていないか、嚙み合わせに問題はないか、などの検査に加え、プロのクリーニングにより自分では落とし切れていない歯石や歯垢を落とします。同時にセルフケアの指導も十分に受けます。

↑PAGE TOP